ジョイントマットでカビ・ダニ!?

長期間の敷きっぱなしに注意!!

ジョイントマットに限ったことではありませんが、マットを長期間敷きっぱなしにしていると、どうしても床とマット裏面の間に、カビやダニの発生など招かざる客がきてしまいます。特に梅雨時や夏は要注意です。かわいい赤ちゃんが、毎日カビとダニのすぐ上で寝転がっていたなんて想像しただけでゾットしますね。

ジョイントマットの場合は、ものをこぼしたりするとジョイント部分からマットの裏へしみ込んでしまったりすことが考えられます。結構ピッタリ隙間なく結合はできるのですが、それでも接着剤等をつかっているわけではありませんので、わずかなすき間はあります。
すき間に何かをこぼした時は、面倒がらずに取り外して掃除をしましょう。
幸いにも、ジョイントマットは1枚ずつとりはずせるので、その部分だけ取り外して床をしっかりふき取ってください。そしてジョイントマットもしっかり洗ってください。

定期的に空気に触れさせましょう

やはり半年か1年に1回ぐらいは、めくって空気にふれさせてあげたいところです。

完全にめくってしまうのが面倒ならば、2、3枚マットを外して、少し持ち上げて、何か所か床とマットの間に物を挟んで、床とジョイントマットの間に空間をつくってあげます。このまま1日放置するだけでも全然違います。
旅行などで何日が家を空ける時に、このようにして出かけるといいかもしれませんね。  

お手入れを考えるとレギュラーサイズ?大判サイズ?

お手入れのことを考えると、レギュラーサイズがいいのか、はたまた大判サイズがいいのか?
これって結構迷うところです。

先にも触れましたが、ジョイント部分から飲みものがこぼれて浸み込んだり、ダニがはいったりといったことを考えると、できるだけジョイント部分が少ない大判タイプのほうが衛生的な感じはしますが、、こまめに部分的に取り外して洗ったり、新品に取り換えたりするなど、マットの取り換えのことを考えると一つ一つのパーツの小さいレギュラーサイズにも大きなメリットがあります。

個人的にはジョイント部分の少ない大判に軍配をあげたいところですが、みなさんいかがでしょうか?